2017タッチアーツプロジェクトメンバー

現在、タッチアーツの趣旨に賛同し、私たちと一緒に活動していただけるボランティアスタッフを募集しております。現在のメンバーはこちらです。

2017おかえるいち担当

坂本 千恵

小さい頃から、人はなぜ生まれてきたのか、生と死の違いにばくぜんと興味を持っていました。

だんだん、この不可思議な自分のこころというものに、関心をもつようになり、大学で心理学を専攻し、ナタリー・ロジャーズのExpressive Arts Therapyとであいました。

2000年に来日したナタリーのワークショップをうけ、これこそが私のしたかったことだ!と感銘をうけ、それ以降国内外のワークショップをうけてきました。

あたまでっかちだった私が、身体の知恵をとりもどし、自分の感覚を信頼し、どんどん生きやすくなっています。

介護の仕事、新米畑仕事、しいたけダンス、生きることすべてが表現でありアートであることを、日々あざやかにまぶしくうっとりするほど感じています。

大井 美保

大阪在住の主婦。

小さい頃から作ったり描いたりは好きでしたが、アートとの関わりは学校の授業のみ。

主婦になってからは、粘土を捏ねたりパステルを描いたりしていましたが、ひょんなことから、アーツ・コミュニケーション・ラボの講座を受講し、アーツセラピーに出会いました。

現在、アーツって何なんだ?と探求中です。



2017展示コーナー担当

日越 睦

文部科学省所管 生涯学習開発財団認定アートワークセラピスト 神戸大学大学院人間発達環境学研究科

インクルーシヴ社会支援部門 学外研究員

 

2013年秋より毎月キッズおよび、シニア施設2箇所にてアートセラピーの現場サポートを継続中

不定期で成人向けアートワークを提供しています。

 

沖縄県出身 高校卒業後上京し、4年前に神戸へ(^^)

パンもご飯もスイーツも美味しすぎて、日に日に横に成長中(*_*)

2017ワークショップ担当

冨田 裕理

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ アシスタントスタッフ 福井県出身。
好きなことはバンドでベースを弾くこと、お芝居。

大学にて心理学を学ぶ。
その後、名古屋にて営業職に就くも仕事に対して迷いが生じ、一時福井へ帰郷。

自分には何ができるのかと日々悶々と過ごす中、アートセラピーに出会う。
神戸の「一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ」を見つけ、通い始めるも、1年半の学びでは飽き足りず、2016年秋、更なる学び(遊び?)のために神戸に移住。
現在アーツ・コミュニケーション・ラボのアシスタントとして奮闘しつつ、時々ふるさとの福井に思いを馳せながら神戸の街をチャリンコで爆走中!



森すみれ

 1995年の阪神震災後のボランティアをきっかけにアートセラピーの世界へ。

2007年にアーツセラピーネットワークを仲間とともに立ち上げ、2010年まで世話人としてサポート。

2012年からはタッチアーツプロジェクトを発足し、現在に至ります。

無意識の表現としての創造的なアートの可能性は計り知れず。その感動を多くの方へ伝えていきたいです。

年に2回はインドを訪れ、ときおりインドでもワークショップをしています。

北尾 真理子

一般社団法人アーツ・コミュニケーション・ラボ代表理事の北尾真理子です。

株式会社ダイバーシティオフィスKITAO代表および公益財団法人ひょうご仕事と生活センターの城跡相談員として、

ダイバーシティ(人材に関する多様性)の尊重と活用推進や、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の

実現推進のための活動にも取り組んています。

 

兵庫県生まれの兵庫県育ち。要介護2で、今年12月に米寿を迎える母と猫2匹と一緒に苦楽園口にあるマンションで

暮らしています。

 

好きな食べ物は、炭水化物。おもち、麺類、粉ものなどには目がありません。

最後の晩餐は、現時点では、お好み焼きかな。

顔がはっきりと識別できる動物は、ほぼ、すべて好き。

 

今から約3年前に、初めて、アーツセラピーなるものの存在を知り、目からうろこの体験を何度も経験しています。

アーツ・セラピーと出会ったおかげで、自分の生き方にも変化が出てきました。

もっと多くの人にアーツ・セラピーを体験してほしいという気持ちで一杯です!

福井 博子

アトリエ

「ラ・ムール」主宰。元公立中学校の美術教諭。

子どもたちの想像力に感動する毎日を過ごす一方、生徒の作品を評価することに意味を持てず、2001年に退職する。

退職後、カウンセリング、クリエイティブアートセラピー、表現アートセラピーを学ぶ。シェリー・デイビス先生や仲間に出会い、アートセラピーの素晴らしさ奥深さを知る。仲間とアートセラピーネットワークを立ち上げ、勉強会やイベント、老人ホームでのボランティア活動を行った。日本人に合ったアートセラピーをと考え、特に墨を使ったアートセラピーを研究している。2005年よりアトリエ「ラ・ムール」を主宰し、アートセラピーを取り入れた絵画教室、相談活動を始める。現在、touchartsのイベントスタッフ、アーツ制作活動をしている。アートの素晴らしい力を信じている。




ボランティアスタッフ募集中

アートイベントの企画に関わってみたい

アートセラピーに興味がある

自由なアート表現の場にかかわってみたい

などなど

 応募資格はとくにありませんが、
・タッチアーツプロジェクトの主旨をご理解頂ける方
・サイボウズ、FB等での連絡ややりとりが可能な方
・スタッフ参加で知り得た個人情報など、守秘義務を守れる方
・原則として事前ミーティングに参加出来る方(スカイプなどオンライン可)
 

関わり方は3通り

1、プロジェクトメンバーの一人として、企画から一緒に関わっていただける方

2、イベントの広報や事前準備などの運営にボランティアとして関わっていただける方

3、当日のボランティアスタッフとして サポートしていただける方

 

・月に1〜2回、事務局にてミーティングがございます。(平日昼間もしくは18時以降)ミーティング日は随時決定、スカイプ参加も可能です。事務局はJR&阪神元町から6分弱、阪急花隈駅すぐです。

 

<イベント前>

企画、広報、運営

 

 <イベント前日>

設営準備、画材準備、その他の準備作業

 

 <当日>

搬入搬出、会場設営、受付、会場案内
託児、写真撮影、後片付け
<後日>
終了後の画材の片付け、アンケートの整理、アップ

お申し込み、お問い合わせは下記フォームからおねがいします。

コードを入力してください。:

メモ: * は入力必須項目です